コンテンツへスキップ

エッチな動画がパソコンにあふれる時代テレクラって楽しいのかな

下着姿で部屋のドアを開ける女性

エッチな動画を探そうと思ったときに、すぐにインターネットを使えば無限に調べられてしまいます。

好きな女優さんの名前や、自分のフェチのジャンルを入れて検索すれば一瞬で大量の動画が目の前に表示されますね。毎日こうした動画で性欲を満たしてらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

テレクラなんてもはや時代遅れ?

昔は、エッチなことをしたいと思ったらもちろんエロ本やエロビデオを何とかして手に入れるという方法もありました。しかしそれよりも「テレクラで電話越しのエッチを楽しむ」ということも当たり前に行われていたのです。

現在でもテレクラは運営を続けていますが、もはや時代遅れではなかろうかとお考えになるかもしれません。

物言わぬ動画を見ているということ

テレクラは相手がいますが、動画には相手がいません。単に女優さんがエッチなことをしている姿を撮影しただけの動画です。

故に語りかけようとアピールしようと、永遠に答えてくれることはないのです。

時々は生身の人間の息づかいも感じてみよう

一方でテレクラは、ちゃんと相手がいますから相手の息づかいを感じ取ることが十分に可能です。また自分から発した言葉をあいてはきちんと受け止めてくれますから、相手からのレスポンスがちゃんとあるのです。

エッチな話をするときに、動画を相手にしていては永遠に自分の望む答えは返ってきませんが、電話ならばそれなりの返事が返ってくることでしょう。

動画では楽しめないリアル感

このように、動画では楽しめないリアル感あるいはリアルタイム間を味わうことができるのがテレクラのよいところでしょう。

エッチな動画があふれる現在でも、当たり前のように使えるのがうれしいところですね。